行政書士としての仕事を知ろう

巷で人気の資格「行政書士」 もちろん行政書士を目指している人にとっては当たり前のことだという人もいらっしゃるかもしれませんが、一般人にとっては行政書士という言葉は聞いたことがあっても、実際にどのような仕事をしているのかを知っている人はあまりいないのではないでしょうか。 実際に行政書士として開業した人の中にも、行政書士がどのような内容の仕事を行っているのかを知らなかったという人もいらっしゃいます。 仕事をはじめてやっとどのような仕事をするのか理解する…でも遅くはないのです。

実は行政書士としての仕事内容は多岐にわたっていまして、扱える仕事の種類は一万件以上あるとも言われています。 そのために「行政書士だからこれをできるだろう」という先入観でいるのは良い考えではなく、行政書士によっても扱っている仕事と扱っていない仕事があるので注意が必要です。 参考として仕事内容をあげてみますと、内容証明郵便作成や風俗営業許可申請、株式会社設立手続きなどいろいろあります。

このように、行政書士として請け負うことのできる仕事はたくさんありますので、行政書士となってから自分の請け負う仕事内容を決定するのでも良いと言えるのです。